メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無断切り取り「まさか貴重な重要文化財まで…」広がる困惑と怒り 岩手

記者会見で経緯を説明する赤沼英男上席専門学芸員(右)と千田貴浩副館長=盛岡市の県立博物館で5日、小鍜冶孝志撮影

 無断切り取りは、貴重な重要文化財にも及んでいた。岩手県教育委員会は16日に記者会見し、県立博物館の赤沼英男上席専門学芸員が重要文化財でも無断で切り取っていたと明らかにした。文化財を守るはずの学芸員の背信行為に、預けた自治体からは改めて落胆と怒りの声が上がった。調査対象約6000点のうち、今回結果が出たのは重要文化財76点のみ。全容解明はいつになるのか。点数はどこまで増えるのか。困惑が広がっている。【藤井朋子、日向米華】

 記者会見には県教委幹部4人が出席した。「文化財の価値を伝えるべき学芸員が、共有財産を無断で傷つけたことは遺憾。改めて心から深くおわび申し上げる」と教育長のコメントを読み上げた。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  4. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです