メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者の子育て支援でNPOが冊子「どんな子か決めつけず見守って」

長男と食卓を囲むしげさん=東京都内で2019年12月5日、野村房代撮影

 「らしさ」や「フツー」に縛られない子育てのヒントに――。親や子どもが性的少数者(LGBTなど)であっても偏見にさらされることがないよう、正しい情報や当事者の声をまとめた啓発冊子「にじいろ子育て手帳」が完成した。NPO法人「虹色ダイバーシティ」が、保護者や教育関係者らに読んでもらおうと製作。「男らしさや女らしさを否定するわけではなく、そこに当てはまらない人の存在を認めてほしい」との願いを込めた。

 冊子はLGBT当事者と非当事者計約1200人からインターネット上のアンケートで集めた声が基になっている。当事者、非当事者とも、9割以上が日本はLGBTの親が子育てしにくい環境にあると感じている。それが際立つのが、専業主婦家庭が多い幼稚園と、思春期のただ中の中学校。それぞれ半数近くの当事者が性のあり方を巡って嫌な思いを経験しており、1~2割台だった非当事者と開きがあった。

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです