メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食費・入居費補助縮小 一部低所得者の負担増 介護保険見直し案提示 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で2015年10月14日午前9時6分、竹内紀臣撮影

 介護保険制度改正に向け、厚生労働省は16日、社会保障審議会介護保険部会を開き、特別養護老人ホーム(特養)など介護施設に入る低所得者に食費と入居費(家賃)を補助する制度を見直し、保有する預貯金などに応じ、対象者を縮小する案を示した。一方、ケアプラン(介護計画)作成の有料化などは見送る方針を示した。年内に取りまとめ、見直し内容は2021年度から実施の方針。

 食費・入居費を補助する「補足給付」は現在、預貯金が1000万円(夫婦で2000万円)以下の低年金者が対象。対象者は現在約52万人。この要件に預貯金650万円以下、同550万円以下などと新たな段階を設けて対象者を絞り、一部の人を補助の対象外とする。また、介護施設の短期入所者に対する食費の補助を一部引き下げ、これまで自己負担額が1日当たり390~650円だったのが600~1300円に増える。

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです