「まるで地上げだ」「やっぱり」明浄学院横領事件 大手不動産社長逮捕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大手不動産会社「プレサンスコーポレーション」へ家宅捜索に入る大阪地検の係官ら=大阪市中央区で2019年10月30日午前9時28分、森口沙織撮影
大手不動産会社「プレサンスコーポレーション」へ家宅捜索に入る大阪地検の係官ら=大阪市中央区で2019年10月30日午前9時28分、森口沙織撮影

 「まるで地上げだ」「最初から仕組んでいたのか」――。学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)が運営する高校の土地売却を巡る巨額横領事件は、上場企業トップの逮捕に発展した。大阪地検特捜部は16日、土地を最終的に購入予定だった大手不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市中央区)の社長、山岸忍容疑者(56)を業務上横領の疑いで逮捕した。法人関係者や生徒の保護者らの間に衝撃が走っている。

 法人関係者によると、山岸容疑者は今月5日に同容疑で逮捕された不動産開発会社「ピアグレース」(同)の元社長、山下隆志容疑者(52)と古くからの知り合い。同じ不動産グループの出身で、関係が深いとされる。これまでも、山下容疑者がマンション用地などを探し、山岸容疑者側に紹介することもあったという。そうした縁で法人の土地売却に関わったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1139文字)

あわせて読みたい

注目の特集