メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

聞く地図「つえ」に街へ アプリ作成 全国3000経路目標

 視覚障害者の外出を手助けする「音声ガイド地図」を普及させる取り組みが進んでいる。「○×駅から□△体育館まで」といったように、特定の出発地から目的地までの音声案内をボランティアや当事者が作って無料公開し、スマートフォンの専用アプリで使ってもらう。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、競技会場から最寄り駅までの経路も増やし、来年末に全国3000経路の公開を目指す。【内田幸一】

 視覚障害者は家族やガイドヘルパーら同行者がいれば自由に外出できるが、一人で出かけるには歩行訓練を受…

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです