メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井市長選 東村氏、4選果たす 「課題にしっかり対応」 /福井

当選確実となり、支持者らと万歳する東村新一氏(中央)=福井市光陽3で、大森治幸撮影

 任期満了に伴う福井市長選は15日、投開票され、無所属現職の東村新一氏(67)=自民、立憲民主県連、国民民主、公明、社民推薦=が、無所属新人で元警察庁職員の黒川浩一氏(46)と共産新人で元市議の西村公子氏(64)を破り、4選を果たした。東村氏と黒川氏が競り合ったが、約700団体から推薦を得た東村氏が最後は組織力で上回った。一方、投票率は前回選挙を1・4ポイント下回る37・43%で有権者の関心は高まらなかった。【塚本恒、大森治幸、横見知佳】

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです