メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発訴訟支援金ネット募集 目標額1.5倍の370万円 原告ら「廃炉まで闘う」 /愛知

 関西電力の老朽化した原発の廃炉を目指し、訴訟を起こしている原告や原告弁護団(事務局・名古屋市)らが呼びかけていた、インターネットで支援金を募る「クラウドファンディング」(CF)で、目標額の約1・5倍の約370万円が集まった。

 訴訟では、運転開始から40年以上がたった関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)と美浜原発3号機(同県美浜町)を、さらに20年運転させる原子力規制委員会の延長認可の取り消しを求めている。愛知や福井、京都などの原告計184人が2016年4月以降、名古屋地…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです