メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト「冷戦後」のかたち

中東、米に翻弄され クルド人混迷「裏切られた」

シリアから逃げてきたクルド人が生活するイラク北部バルダラシュの難民キャンプ=2019年11月28日、篠田航一撮影

 1989年の東西冷戦終結後、唯一の超大国となった米国は「世界の警察官」として中東への軍事的関与を強めた。それを支えたのが、少数民族クルド人だった。米兵が不慣れな砂漠地帯の作戦などに協力し、91年の湾岸戦争、2003年のイラク戦争、さらに14年から続く過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦で米国の「勝利」に貢献した。しかし今、米国は中東からの軍撤収を進め、「後ろ盾」を失ったクルド人は、この地域で深まる混迷のさなかに置き去りにされている。【バルダラシュ(イラク北部)で篠田航一】

 11月下旬、イラク北部クルド自治区バルダラシュ。山岳地帯にある難民キャンプに次々とバスが到着し、ヘジャブ(頭部を覆うスカーフ)を巻いた女性らが降りてきた。10月に始まったトルコ軍の攻撃を避け、隣国シリアから逃れてきたクルド人住民だ。

この記事は有料記事です。

残り3127文字(全文3485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです