特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会 菅氏「反社の指針不変」 「定義困難」答弁書と矛盾か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で、反社会的勢力がどういうものかを示した2007年の政府指針について「全く変わっていない」と述べた。だが、政府は10日に「反社会的勢力」の定義を困難とする答弁書を閣議決定しており、会見で整合性を問われた。

 07年の指針は「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」。反社会的勢力を「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」と示した。

 菅氏は会見で、記者団から曖昧な政府の対応に民間企業が混乱するのではと問われ「個別の件で困っていれば、警察や関係省庁に相談してほしい」と釈明した。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文543文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集