メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都構想住民投票、来年11月目指す 松井大阪市長

 大阪市の松井一郎市長(大阪維新の会代表)は16日、市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」の住民投票について、来年11月上旬の実施を目指して公明党と協議を進める方針を示した。投票で賛成多数となれば、2025年1月の特別区移行を目指す。

 住民投票の時期について、従来「来年秋から冬」としてきた松井市長は同日、記者団の質問に「まだ、正式に11月の何…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査

  5. SNSの個人攻撃はなぜ繰り返されるのか 木村花さん急死で渦巻く議論と構造的課題

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです