メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

検証・セキュリティー/4 単独型テロ、阻止困難 抑止力効かず急に過激化

 「トレンド(傾向)は『ローンウルフ型』だ。社会に不満を持つ一匹オオカミがやる犯罪は対処が難しい」。東京五輪・パラリンピック組織委員会の警備局幹部が、国内で増加する犯罪のタイプに懸念を示した。五輪に向けても対策が求められるが、過激派組織に属さないローンウルフ型犯罪の兆候をつかむのは難しい。

 日本におけるローンウルフ型犯罪の典型ともいわれるのが、2008年、東京・秋葉原で起きたトラック暴走事件だ。男が歩行者天国に突っ込み、通行人を次々とはねるなどして7人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。男は公判で「ネットの世界の住人に自分の存在を気づかせたかった」と語った。

 18年6月には、走行中の東海道新幹線の車内で男が隣席の女性2人になたで切りつけて負傷させ、助けに入…

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文2124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです