メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から 遺影を自分で準備に抵抗感

 Q 遺影を自分で準備に抵抗感

 遺影を自分で準備する人が増えていると聞きます。まだ早いのではと思ったり、縁起でもないと考えたり、いささか抵抗感があります。準備しておくべきでしょうか。(女性、70代)

 A 納得のお気に入りを選べる

 あなたの死後、遺族が最も目にするあなたの姿は遺影です。葬儀の祭壇や仏壇などでも、遺影に向かって手を合わせます。遺影は遺族にとって、心のよりどころとしての役割を果たします。あなたと対話する際のコミュニケーションツールとして大切に飾られるのです。

 逝去後、すぐに遺族は葬儀社から遺影選びを依頼されます。遺影は通夜から使用するため、葬儀社と打ち合わ…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです