プロ野球 新人王、ヤクルト・村上 年俸5倍超 来季、熊本城復旧へ本塁打で寄付 4500万円、笑顔でサイン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 プロ野球セ・リーグの新人王に輝いたヤクルト・村上宗隆内野手(19)が16日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、3700万円増の年俸4500万円でサインした。今季から5倍以上の増額になり、村上は「すごく良い評価をしていただいた」と笑顔で話し、来年の目標を「3割、30本塁打、100打点」と明言した。

 村上は熊本・九州学院高から入団2年目の今季、チームでただ一人、全143試合に出場し、36本塁打、96打点をマーク。高卒2年目以内の本塁打数では過去最多だった中西太(西鉄=現西武)に並び、打点では中西を上回った。一方、一塁と三塁の守備ではチーム最多の計15個の失策を記録した。「迷惑をかけた。一つでも少なくしたい」と、3年目に向け守備にも意欲的に取り組む決意を示した。

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集