メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語る・つなぐ

阪神大震災25年/6 永井幸寿・弁護士

 24万戸超が全半壊した阪神大震災(1995年)では、多くの被災者が土地や住まいを巡る不慣れな法律問題に直面した。支えたのは全国からの応援も含めた弁護士たちによる法律相談だった。災害時に住民の権利をどう守っていくのか。自らも被災し、日本弁護士連合会災害復興支援委員会の初代委員長も務めた弁護士、永井幸寿さん(64)に当時の活動を聞いた。【井上元宏】

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. ORICON NEWS 元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです