特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

反社会勢力「詳細は関係省庁にお尋ねを」 桜を見る会巡り菅官房長官会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議後の記者会見で質問に答える菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月17日午前9時51分、川田雅浩撮影
閣議後の記者会見で質問に答える菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月17日午前9時51分、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」に関連し、菅義偉官房長官の苦しい答弁が続いている。会に出席した疑惑がもたれている反社会的勢力の位置づけについて、17日午前の記者会見でも質問があり、前日の矛盾した答弁を訂正したり、回答に窮して「詳細は、関係省庁にお尋ねを」と答えたりする場面もあった。主なやりとりは以下の通り。【統合デジタル取材センター/政治部】

――反社会的勢力について、昨日うかがった点について確認。長官は2007年の「指針の定義は変わっていない」と発言した。「定義」という言葉を使ったが、この指針の定義というのは現在も有効ということで理解していいのか。

 ◆あのー、昨日の会見で私、政府方針による定義と申し上げたのは正しくありませんで…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文617文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集