メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相側の推薦「今年は落とした例がある」 桜を見る会で政府回答

衆院内閣委員会理事会に臨む与野党の議員たち=国会内で2019年12月17日午前10時26分、川田雅浩撮影

 政府は17日の衆院内閣委員会理事会で、立憲民主党など野党が提出していた安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の疑惑に関する質問書に回答したが、大半は従来の説明の繰り返しだった。

 質問書は立憲民主、国民民主、共産の各党などが合同で提出し、8項目についてただしている。内閣委では内閣府と内閣官房の担当者が口頭で回答した。

 マルチ商法で消費者庁の行政処分を受けた「ジャパンライフ」元会長の2015年の招待状に記されていた「60」の番号が「首相枠」か否かとの質問には、「配送するため便宜的につけたもので、それ以上調査する必要はない」と従来の回答を繰り返し、再調査も拒否した。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです