立憲、初鹿議員の書類送検で対応苦慮 首相に「説明責任」求める中での不祥事発覚

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
強制わいせつ容疑での書類送検について記者会見で謝罪し頭を下げる立憲民主党の初鹿明博衆院議員=国会内で2019年12月17日午前10時4分、川田雅浩撮影
強制わいせつ容疑での書類送検について記者会見で謝罪し頭を下げる立憲民主党の初鹿明博衆院議員=国会内で2019年12月17日午前10時4分、川田雅浩撮影

 立憲民主党は、同党所属の初鹿明博衆院議員が強制わいせつ容疑で書類送検された問題への対応に苦慮している。安倍晋三首相や辞任閣僚らに「説明責任」を果たすよう求める足元で、自党議員の不祥事が再燃したためだ。

 初鹿氏は17日午前に国会内で記者団の取材に応じたが「お騒がせしていることをおわび申し上げる」と述べるにとどめた。「捜査に全面協力し、捜査当局の判断に委ねたい…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集