メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲と国民 合流へ協議入り合意も 条件あいまい、火種残る

党首会談後の記者会見を終え、握手する立憲民主党の枝野幸男代表(中央右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(同左)=国会内で2019年12月17日午後4時33分、川田雅浩撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、国会内で会談し、立憲が呼びかけた合流に向けて幹事長間で協議に入ることで合意した。来年1月20日召集予定の通常国会までの合流を目指す。ただ、協議入りの前提や条件に関する両氏の説明は「前向き」という言葉だけで、あいまいなまま。協議入りを優先した印象は否めず、火種は残ったままだ。【野間口陽、東久保逸夫、遠藤修平】

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです