メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会 菅官房長官、この日は「ルールに基づいて…」繰り返す

閣議後の記者会見に臨む菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月17日午前9時49分、川田雅浩撮影

 「ルールに基づいて対応している」。菅義偉官房長官は17日の記者会見で、内閣府が野党議員から今年の「桜を見る会」に関する資料要求があった直後に招待者名簿を廃棄していた問題の追及を受け、こう繰り返した。資料要求があった時点で「廃棄済みだったんじゃないでしょうか」と誤った認識を示す場面もあり、政府のスポークスマンとして苦しい立場が続いている。

 菅氏は招待者名簿について「桜を見る会終了で使用目的を終えるほか、個人情報を含む膨大な量の文書を適切に管理する必要性が生じるため、保存期限1年未満の文書に設定し、会の終了後遅滞なく廃棄した」との説明を続けている。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです