特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会「事務方に聞いて」 菅氏、責任回避の場面も 17日の記者会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議後の記者会見に臨む菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月17日午前9時49分、川田雅浩撮影
閣議後の記者会見に臨む菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月17日午前9時49分、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、17日午後の記者会見でも菅義偉官房長官への質問が続いた。招待客や会の費用負担などについて繰り返し問われたが、いずれも明快な回答はなく、「事務方に聞いて」などと回答する責任を回避する場面も目立った。【統合デジタル取材センター/政治部】

首相の推薦枠?60番「使用目的を終え、内閣府は情報を保有していない」

――きょうの衆院内閣委員会理事会の内容について確認させてください。政府側は野党側が提出した質問事項について、ジャパンライフ元会長の招待状に記載されていた「60番」について「調査する必要はない」と回答した。野党側からは繰り返し要望があった項目だが、なぜ調査が必要ないと判断したのか

 ◆その席でも説明されたと思いますけども、受付番号は招待状の発送を効率的に行うため、便宜的に付しているものと聞いており、会の終了を待って使用目的を終えることから内閣府において、これらの情報については保有してない。そういうことだったと思います。

この記事は有料記事です。

残り2260文字(全文2687文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集