メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーイング「737MAX」一時生産停止、日本の航空会社や部品メーカーに影響も

 米航空機大手ボーイングが16日、2度の墜落事故を受け運航を停止している新型旅客機「737MAX」の生産を来年1月から一時停止すると発表した。「737MAX」の生産停止が長期化した場合、導入を予定するANAホールディングス(HD)など国内の航空会社や部品メーカーの事業に影響する可能性がある。

 ボーイングの発表を受け、ANAHDは「事故原因が正確に解明され、再発防止に向けた適正な安全対策が各国の当局に承認されることで、この飛行機の『安全』について確信が持てることが何よりも大事だ」とのコメントを発表。ボーイングとの間で事実関係の確認を急いでいる。

 ANAHDは今年1月、「737MAX」を2021年度以降、計30機導入する計画を発表している。初年…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです