メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中韓漫画三国志

読者と感情共有できる「漫画の文法」 中国に浸透するか

「漫画家と編集者の二人三脚が日本の漫画文化を支えている」と語る御木基宏さん=中国福建省アモイで2019年11月11日午後4時3分、河津啓介撮影

 潜在力を秘める中国の漫画市場が、日本のベテラン編集者の目にどう映るか。中国の漫画アプリ「新漫画」で編集者の育成にあたる元小学館の御木基宏さん(58)に聞いた。御木さんは1980年代から小学館で手塚治虫、高橋留美子、柴門ふみの各氏らトップ漫画家と仕事を共にし、漫画誌「ビッグコミック オリジナル」の編集長などを歴任。担当した柴門さんの「東京ラブストーリー」はテレビドラマ化されて大ヒットした。現在は、元双葉社の栗原一二(かずじ)さんと共に「新漫画」で2人体制の編集長を務めている。【福建省アモイで河津啓介】

この記事は有料記事です。

残り3019文字(全文3272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです