メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首里城の焼け跡、火災後初の報道公開 正殿に通じる奉神門までの立ち入り許可

首里城(那覇市)を指定管理する沖縄美(ちゅ)ら島財団は17日、10月の火災で正殿などが焼失した現場を初めて報道陣に公開した。木造だった正殿は跡形もなく焼け落ち、竜の彫刻を施した石の大龍柱(だいりゅうちゅう)が2本残っていた。隣接する北殿や南殿もコンクリートや鉄筋の骨組みがあらわになっている状態で、火…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ あやめ・ラベンダーフェス中止 開花前に刈り取り 久喜 /埼玉

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです