メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP25で脱石炭示せず 小泉環境相「見直しに向け尽力」

閣議後記者会見で、炭素税などのカーボンプライシングについて「議論を深める必要がある」と述べた小泉進次郎環境相=東京都千代田区で2019年12月17日、岩崎歩撮影

 小泉進次郎環境相は17日の閣議後記者会見で、国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で脱石炭を打ち出せない日本が批判されたことに触れ、「今は、脱化石燃料は現実的に無理だが、(将来的には)減らす」と述べ、見直しに向け国内調整に尽力する考えを示した。

 一方、二酸化炭素(CO2)の排出量に応…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです