メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「気持ちに区切り」の遺族に困惑 控訴取り下げ無効判断に 寝屋川中1殺害

大阪地裁、大阪高裁、大阪簡裁が入る合同庁舎=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 「超法規的な判断だ」。大阪府寝屋川市の中1男女殺害事件で、死刑判決が確定していた山田浩二死刑囚(49)について、控訴の取り下げは無効と判断した、17日の大阪高裁決定。控訴の取り下げを無効とする明確な法規定はなく、専門家からも驚きの声が上がった。一方、いったん気持ちの区切りをつけていた遺族には困惑が広がっている。

 1審・大阪地裁判決によると、山田被告は2015年8月、星野凌斗(りょうと)さん(当時12歳)と平田奈津美さん(同13歳)の首を圧迫するなどして殺害。控訴したが自ら取り下げ、弁護人が無効を求めていた。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです