メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネイチャー誌「今年の10人」にグレタさんら 日本人なし

COP25で演説するグレタ・トゥーンベリさん=マドリードで2019年12月11日、鈴木理之撮影

 英科学誌ネイチャーは17日、科学の分野で2019年に注目を集めた「今年の10人」を発表した。南米アマゾンで森林破壊が急速に進んでいると報告し、ブラジルの大統領に国立宇宙研究所長の職を解かれた物理学者、リカルド・ガルバンさんやスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんらを選んだ。日本人はいなかった。

 アマゾンの熱帯雨林は世界最大の約550万平方キロ。多様な生物を育んでいる上、温室効果ガスの二酸化炭素を大量に吸収していることから地球温暖化抑制の点でも重要だ。ネイチャーはガルバンさんを「科学を守る明確で強い立場を取り、権威主義と闘った」人物として紹介した。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです