メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過去の映画ポスター、iPadで複製 持ち運び可能で画像精度も向上 国立映画アーカイブ

iPad Proを使った映画ポスターの複製作業=東京都中央区の国立映画アーカイブで2019年12月2日、宮間俊樹撮影

 映画フィルムと関連品の保存を行う国立映画アーカイブ(東京都中央区)が、タブレット端末を使った過去の映画ポスターの複製に取り組んでいる。画像の精度向上で細部の色彩を表現できるようになったことに加え、持ち運び可能なことで作業効率の大幅な向上が期待できるためだ。多くの人が美術作品に触れる機会の拡大につながりそうだ。

 複製に取り組んでいるのは、アーカイブが保有している「世界の六分の一」「詩人と皇帝」など旧ソ連映画10作品のポスター。文化財複製で実績のある凸版印刷(東京都)と協力し、アップルのタブレット端末「iPad Pro(アイパッドプロ)」で作業を進めている。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです