メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火ランナーに藤井聡太七段やフィギュア宇野昌磨選手ら

藤井聡太七段=名古屋市中区で2019年6月、三上剛輝撮影

 2020年東京五輪の聖火リレーで、各自治体が推薦した聖火ランナー内定者の一部が17日、明らかになった。愛知県では将棋の現役最年少棋士で17歳の藤井聡太七段や5年前にノーベル物理学賞を受賞した天野浩・名古屋大教授、18年平昌冬季五輪フィギュアスケート男子銀メダリストの宇野昌磨選手らが名を連ねた。滋賀県は日本中央競馬会(JRA)の通算最多勝利記録を持つ武豊騎手…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです