特集

池江璃花子(水泳)|東京オリンピック

急性リンパ性白血病から復帰した「国民的ヒロイン」。今回はリレーに専念し、2024年パリ五輪へつなげる

特集一覧

競泳・池江璃花子選手が退院「24年パリ五輪でメダル獲得目指す」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
池江璃花子選手=宮間俊樹撮影
池江璃花子選手=宮間俊樹撮影

 白血病で闘病生活を送る競泳女子の池江璃花子選手(19)=ルネサンス=が17日、自身のツイッターなどを更新し、退院したことを明らかにした。池江選手は直筆で「オリンピックについてですが、2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います」とつづった。関係者によると、来年の東京五輪については出場を断念するという。

 公式ホームページでは、詳しい治療経過を明らかにした。2月に病気を公表した池江選手は急性リンパ性白血病と診断され、化学療法による治療を行っていたものの合併症を併発。化学療法での治療継続が困難となり、造血幹細胞移植を行ったという。その後体調が安定し、退院に至った。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文569文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集