メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲府市職員、虚偽の会議録作成 民生委選考で /山梨

 甲府市の50代の男性職員が民生委員を選考する委員会を開催していないにもかかわらず虚偽の会議録を作成していたことが17日、市への取材で判明した。市によると、職員は「申し訳ない。公文書偽造に当たるのではという思いはあった」と話しているという。

 市福祉保健総室によると、職員は市千代田連絡所長。職員は、市職員や地元住民らでつくる「民生委員推薦協力委員会」を実際には開いていないにもかかわらず、今年8月14日に同委員会を開いて推薦があった5人の適性を審議したな…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです