メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪 聖火リレー、長野五輪の白馬もルート 走者の1次内定も発表 /長野

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレー県実行委員会は17日、聖火リレーの県内の詳細ルートと公募・推薦ランナーの一部を発表した。来年4月2、3両日の2日間で160~180人のランナーが14市町村の特色あるコースを巡る予定だ。【原奈摘】

 4月2日は軽井沢町の風越公園アイスアリーナから出発。佐久市内▽山ノ内町の湯田中温泉街▽上田市の上田城▽野沢温泉村の温泉街▽白馬村の1998年長野五輪のジャンプ競技場▽長野市の善光寺――などを巡る。

 4月3日は、飯田市内の県縦断駅伝コースからスタート。南木曽町の妻籠宿▽伊那市の「春の高校伊那駅伝」コース▽諏訪市の諏訪湖沿い▽大町市の中心商店街▽安曇野市の田園▽松本市の大名町通りを通って松本城に向かう。佐久市のみ、詳細ルートは検討中。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  4. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  5. 「GoTo」キャンペーン 首相「専門家の意見聞く」 16日夕に分科会開催

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです