メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

「現金NG」3店舗経営 日常業務省き待遇改善 理髪店経営 田中慎也さん /大阪

田中慎也さん=大阪市北区で、堀祐馬撮影

 10月の消費税増税をきっかけに、急速に普及している電子マネーなどのキャッシュレス決済。とはいえ、まだまだ現金のみを扱う店や、キャッシュレス決済との両方を扱う店が多くを占める。そんな中、現金を一切取り扱わず、完全キャッシュレスの理髪店「Barber the GM」を昨年2月、大阪市内にオープンさせた。

 もともとは飲食店の経営などを行っていたが、「自分が行きたくなるような理髪店が近くになかったので自分でプロデュースした」という。理容業界について調べていくうちに、理容師の給与が他業種と比べ低いことを知り、日常業務の無駄を省いて待遇を改善したいとキャッシュレスの導入を思いついた。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです