メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

北村NSSの行方は=古賀攻

 <sui-setsu>

 内閣官房の北村滋(しげる)国家安全保障局長(62)は、安倍晋三首相との面会頻度が断トツに多いことで知られる元警察官僚だ。

 その北村さんが訪中し、6日に北京・釣魚台で中国外交トップの楊潔篪(ようけつち)共産党政治局員(69)と会談した。協議は昼食をはさんで5時間におよんだという。

 これに先立ち中南海で王岐山(おうきざん)国家副主席(71)との会談も行われている。習近平主席の古い友人である王さんは、わざわざ記者団の前で「主席が(私の)部屋に来て、ぜひ北村さんと会見するようにと指示をした」と語った。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです