メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソン

丁世均・前国会議長(69)=韓国の首相候補になった

笑顔柔和な「調整型」 丁世均(チョンセギュン)

 「内外共にとても難しい時期に指名され、責任を重く感じている。献身的に努力するつもりだ」。首相候補者への指名を受け、緊張が垣間見える表情で抱負を語った。

 高麗大卒業後、1978年に財閥、双竜グループ(現在は解体)に入社、常務などを務めた後、96年に国会議員に初当選。6期目を務める重鎮議員だが、「ミスタースマイル」と呼ばれる温和な人柄でも知られる。政治記者へのアンケート調査で国会議員から毎年選ばれる「白峰紳士賞」を計15回も受賞した。

 政治手法も性格を反映した「調整型」とされ、韓日議員連盟の顧問でもある。今年8月、韓国政府・与党が、…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです