メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発避難訴訟 東電に44万円賠償命令 国の責任認めず 山形地裁

 東京電力福島第1原発事故で福島県から山形県に避難するなどした201世帯734人が国と東電に慰謝料など計約80億7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、山形地裁は17日、国の賠償責任を認めず、東電に対し原告5人に計44万円の支払いを命じた。原告側は控訴する方針。

 同種訴訟の1審判決は13件目。このうち国と東電を相手取った訴訟は10件で、国の責任を認めなかったのは4件目。

 貝原信之裁判長は5人以外の原告について「慰謝料は東電が既に弁済した額を超えない」などと指摘した。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  4. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

  5. 株価バブルは崩壊間近

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです