メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発避難訴訟 東電に44万円賠償命令 国の責任認めず 山形地裁

 東京電力福島第1原発事故で福島県から山形県に避難するなどした201世帯734人が国と東電に慰謝料など計約80億7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、山形地裁は17日、国の賠償責任を認めず、東電に対し原告5人に計44万円の支払いを命じた。原告側は控訴する方針。

 同種訴訟の1審判決は13件目。このうち国と東電を相手取った訴訟は10件で、国の責任を認めなかったのは4件目。

 貝原信之裁判長は5人以外の原告について「慰謝料は東電が既に弁済した額を超えない」などと指摘した。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  2. ホームから線路に車が転落 岐阜・JR高山線那加駅

  3. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです