ゲノム解析、最大9.3万人分 がんや難病の患者、病気の解明や創薬目指す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 患者の遺伝情報を網羅的に調べる「全ゲノム解析」について、厚生労働省がまとめた実行計画の内容が判明した。数年間は先行解析と位置づけ、病院や研究機関などが持つバイオバンクに既に保存されている最大9万3000人分のがん細胞や血液を対象に解析。研究利用などが見込める2万2000人分を優先し、がんと難病の病態解明や創薬を目指す。【金秀蓮】

 遺伝情報を担うDNA全てを含む全ゲノムを解読すれば、一部の遺伝子の解析では得られなかった病気の原因遺伝子の特定や、発症のメカニズムの解明が期待できる。がん患者の全ゲノムの情報と臨床情報をつなげたデータベースを作り、国のがん対策に役立てることも可能だ。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1094文字)

あわせて読みたい

ニュース特集