メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

アスリートの当事者研究 安全に弱音吐ける場を=東京大先端科学技術研究センター・熊谷晋一郎

 2020年の東京五輪・パラリンピックが近づいているが、アスリートについても当事者研究を進めている。

 きっかけは、元バスケットボール日本代表で、五輪に出場した小磯典子さんとの出会いだ。アスリートの健康問題を訴えていた。

 けがでもしなければ休めない生活で、強い生理痛に悩まされたという。薬を飲んで痛みを抑えつけ、勝利を目指す。それを「身体の声を犠牲にする」と表現していた。

 スポーツは体を競技やルールに合わせようとする。だが、ぴったり合う人はまれで、身体の否定のようなもの…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです