メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本フィギュア あす開幕 羽生、4年ぶり参戦 女子、紀平中心/高橋、シングル最後

4年ぶりに全日本選手権に出場する羽生=貝塚太一撮影

 来年3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権が19~22日に行われる。舞台は改修を終えた東京・国立代々木競技場。男子はソチ、平昌両五輪を連覇した羽生結弦(ANA)が4年ぶりに出場する。来年アイスダンスへ転向する2010年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC)はシングルで最後の大会となる。【倉沢仁志】

 5度目の全日本制覇を目指す羽生は16年にインフルエンザ、17年と18年は右足首の負傷で欠場。今季は故障に細心の注意を払ってきた。今月初旬のグランプリ(GP)ファイナルは3年ぶりに出場し、フリーでルッツを含む4種類の4回転ジャンプ5本を組み込む高難度の構成に挑んで2位。今回も優勝候補の筆頭だが、11月のNHK杯から中1週での戦いが続いており、体調管理や演技の完成度が鍵となりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです