診療報酬0.46%下げ 病床10%削減で補助金 来年度

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は17日、医療の公定価格である診療報酬の2020年度改定について、医師の技術料にあたる「本体部分」を実質0・55%引き上げ、薬と医療材料の公定価格「薬価」を1・01%引き下げることを決めた。全体の改定率はマイナス0・46%。加藤勝信厚生労働相と麻生太郎財務相が同日折衝し、合意に達した。

 診療報酬は2年に1度改定され、20年4月から反映される。薬価を市場の実勢価格に合わせて引き下げ、その財源で本体を引き上げるのが最近の通例となっている。本体のプラス改定は08年度から7回連続。薬価と差し引きした全体でのマイナス改定は、消費増税を改定率に反映させた分を…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

あわせて読みたい

注目の特集