立憲と国民、衆院国対室の壁壊す 政党合流にらみ「一体感高める」工事着手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
隣接する立憲民主党と国民民主党の両衆院控え室を隔てていた壁の撤去工事をする作業員。左は立憲民主党の安住淳国対委員長=国会内で2019年12月18日午前10時1分、川田雅浩撮影
隣接する立憲民主党と国民民主党の両衆院控え室を隔てていた壁の撤去工事をする作業員。左は立憲民主党の安住淳国対委員長=国会内で2019年12月18日午前10時1分、川田雅浩撮影

 衆参両院で統一会派を組む立憲民主党と国民民主党は18日、衆院内の両党の国会対策室を隔てる壁を取り払う工事にとりかかった。両党国対幹部には党合流の「推進派」が多く、両党で始まった合流協議の「外堀」を埋める狙いがあるとみられる。工事は来年1月14日に完了する予定だ。

 工事は、立憲の安住淳国対委員長が立ち会う中、立憲側の国会対策室から壁を打ち抜く形で作業…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集