「バラバラ感、ガタガタ感はいけない」 連合が立憲、国民の代表と個別会談

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
党首会談とその後の記者会見を終えて握手する立憲民主党の枝野幸男代表(中央右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(同左)=国会内で2019年12月17日午後4時33分、川田雅浩撮影
党首会談とその後の記者会見を終えて握手する立憲民主党の枝野幸男代表(中央右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(同左)=国会内で2019年12月17日午後4時33分、川田雅浩撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表は18日、支持組織の連合の神津里季生会長と東京都内のホテルでそれぞれ会談した。枝野、玉木両氏が、17日に党合流に向けた協議入りで合意したことを伝え、神津氏は「互いの立場を尊重して丁寧に物事を進めることが重要だ」と注文を付けた。

 連合は両党を支持するが、傘下の産業別労働組合(産別)の支持政…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集