メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税調取材日記

「今年の自民党はやっぱり何かが違う…」 「マル政」案件、未婚のひとり親支援

 「死別、離婚、未婚と事情はいろいろだが、子どもには関係ない」「生まれた時に父親がいたか、いなかったかで子どもが差別されることがあってはならない」。12月4日に開かれた自民党税制調査会の小委員会。政治決着が必要な「マル政」案件が話し合われたが、未婚のひとり親の所得税負担を軽減する措置をめぐり、10人あまりの議員が次々にそう訴えた。

 「寡婦控除を未婚者にも適用すべきだ」。そんな発言があると、「そうだ、そうだー!!」と合いの手や拍手も入る。議論も出尽くし、司会の林芳正小委員長代理が「公明党との協議は税調会長に一任を」とまとめると、主張の中心となっている女性議員たちが「お願いしまーす」と声をそろえた。

この記事は有料記事です。

残り2023文字(全文2324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです