かんぽ不正、苦情40万件 保険料返還や契約復元など求め 全件調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
かんぽ生命保険の不正販売問題で、特別調査委員会の最終報告を受けて記者会見を開き、冒頭に一礼する日本郵政の長門正貢社長(左から2人目)ら=東京都千代田区で2019年12月18日午後5時2分、小川昌宏撮影
かんぽ生命保険の不正販売問題で、特別調査委員会の最終報告を受けて記者会見を開き、冒頭に一礼する日本郵政の長門正貢社長(左から2人目)ら=東京都千代田区で2019年12月18日午後5時2分、小川昌宏撮影

 かんぽ生命保険の不正販売問題で、かんぽ生命と日本郵便が進めている全契約者への「全件調査」に対し、保険料の返還や契約復元など何らかの対応が必要な苦情が約40万件寄せられていることが分かった。12月中旬時点の集計で、苦情はさらに増える見通し。保険料の二重支払いなど内容は多岐にわたるとみられる。

 2018年度1年間のかんぽ生命への苦情件数は約4・7万件。大手生保では…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

あわせて読みたい

注目の特集