メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中韓漫画三国志

人気作家が明かした舞台裏(下)若者にエール「描き続ける勇気を」

 中国福建省アモイ市で11月に開かれたイベントで、日中の人気漫画家が創作の舞台裏やこだわり、挫折を乗り越えた経験を語りあった。参加したのは「イノサン」の坂本真一さん、「風の大地」のかざま鋭二さん、「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の太田垣康男さん、「オールドボーイ」「天牌」の嶺岸信明さん、「鏢人(ひょうじん)」の許先哲(きょ・せんてつ)さん。漫画編集者の御木基宏さんが司会を務めた。【構成・河津啓介】

 司会 壁にぶつかった時、乗り越えた経験を教えてください。

 坂本さん 18歳でデビューして30年近く活動しています。最初の10年ほどはすごく低迷して、自分の絵に自信が持てなかった。流行していた絵をまねては、うまくいかないことの繰り返しでした。

この記事は有料記事です。

残り2314文字(全文2637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです