メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中韓漫画三国志

人気作家が明かした舞台裏(下)若者にエール「描き続ける勇気を」

 中国福建省アモイ市で11月に開かれたイベントで、日中の人気漫画家が創作の舞台裏やこだわり、挫折を乗り越えた経験を語りあった。参加したのは「イノサン」の坂本真一さん、「風の大地」のかざま鋭二さん、「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の太田垣康男さん、「オールドボーイ」「天牌」の嶺岸信明さん、「鏢人(ひょうじん)」の許先哲(きょ・せんてつ)さん。漫画編集者の御木基宏さんが司会を務めた。【構成・河津啓介】

この記事は有料記事です。

残り2435文字(全文2637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです