メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工救済の文議長案、韓国国会に提出 軍人・軍属にも慰謝料

韓国の文喜相国会議長=玉城達郎撮影

 韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は18日、元徴用工問題解決のための法案を国会に提出した。日韓両国の企業と個人の寄付で「記憶・和解・未来財団」を設立したうえで、日本企業を相手にした賠償請求訴訟で勝訴した元徴用工を含め、強制動員被害者の「精神的被害に対する慰謝料」を支給する内容。法案は、市民団体の要請を受け、訴訟当事者以外の軍人・軍属にまで救済対象を拡大した。

 提案理由には「日韓両政府が懸案に対し包括的な交渉を行い、相互に譲歩できるよう大義名分を提供する」と記されている。また、日本企業を相手にした損害賠償請求訴訟が相次いでいることを念頭に「司法的な手続きよりも、民間レベルで和解による解決を目指す」としている。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです