メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6歳児がバス停表示ミス次々発見 バス会社が感謝状 「好きなこと頑張れば特別なことが」

バス停の表示ミスを指摘し、西鉄バス北九州の社員から感謝状を受け取る安元誠志郎ちゃん(左)。奥は父隆治さん=北九州市小倉北区で、宮城裕也撮影

 北九州市内を走る西鉄バス(本社・小倉北区)の停留所の表示ミスを指摘して次々修正させる幼稚園児がいる。同区の安元誠志郎ちゃん(6)。17日には同社から感謝状が贈られ「好きなことを頑張れば特別なことが起こる」と笑顔を見せた。

 誠志郎ちゃんは今年2月ごろからバス停の誤表示を見つけるようになった。父隆治さん(41)を通じて同社に伝え、表示ミスを修正させた。同社が今年度、市内で把握した表示ミス8件のうち7件が誠志郎ちゃんの指摘だ。

 誠志郎ちゃんは言葉が話せない頃から自宅前を通るバスや地図に興味を示した。2年前に隆治さんが西鉄バスの市内路線図を与えると、読めない地名を両親に教わりながら見入ったり、洗面器をハンドル代わりにして運転手になりきってシミュレーションしたりして夢中になった。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです