メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京地検、秋元衆院議員を聴取 IR参入巡り 企業との関係確認 

 自民党の秋元司衆院議員(48)=東京15区=の元秘書宅が外為法違反容疑の関係先として家宅捜索された事件で、東京地検特捜部が、秋元氏から任意で事情を聴いたことが、関係者への取材で判明した。カジノを含む統合型リゾート(IR)への参入を巡り、海外から現金数百万円以上を不正に持ち込んだ疑いがある中国企業との関係などを確認したとみられる。

 秋元氏は2017年8月から今年9月まで副内閣相を務め、昨年10月までIR担当だった。これまでの取材に対し、不正行為を否定しており、特捜部にも同様の説明をしたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです