「プレサンス社長は資金源」横領容疑の明浄学院元理事長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
土地売却を巡る巨額横領事件の舞台になった明浄学院高校=大阪市阿倍野区で2019年12月5日午前10時8分、本社ヘリから木葉健二撮影
土地売却を巡る巨額横領事件の舞台になった明浄学院高校=大阪市阿倍野区で2019年12月5日午前10時8分、本社ヘリから木葉健二撮影

 学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)で土地売却の手付金21億円が横領された事件で、元理事長の大橋美枝子容疑者(61)が、東証1部上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市中央区)の社長、山岸忍容疑者(56)=いずれも業務上横領容疑で逮捕=について、「山岸容疑者が金主(資金源)だった」と周囲に話していたことが、関係者への取材で判明した。

 山岸容疑者は、大橋容疑者が法人経営に参入する際に18億円を貸し付けたと認めており、大阪地検特捜部は両容疑者らが長期的に横領を計画していたとみて捜査している。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文824文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集