メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自然災害伝承碑 進まぬ申請 自治体関心に差 地図記号制定も知名度低く

国土地理院が制定した自然災害伝承碑の地図記号=国土地理院提供

 自然災害の記録や教訓を刻んだ石碑やモニュメントの場所を示す「自然災害伝承碑」の地図記号を今年制定した国土地理院は、4月から全国の市区町村に申請を呼びかけている。市民らによって長く守られてきた碑が地図上に追加されていく一方、自治体の防災担当者が国土地理院の取り組みや碑の存在を把握していないために申請されない課題も浮かんでいる。

 災害関連死を含め、広島や岡山などで270人以上が犠牲となった昨年7月の西日本豪雨では、過去の惨事を…

この記事は有料記事です。

残り2233文字(全文2447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです