メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化対策、国より地方先行 31自治体、温室効果ガス「2050年までに実質ゼロ」

地域での地球温暖化対策を議論するイベントで、「2050年実質ゼロ」を宣言した国内自治体を紹介する小泉進次郎環境相(右から3人目)=スペイン・マドリードで2019年12月10日、鈴木理之撮影

 「2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロ」を目標に掲げる自治体が増加し、25日現在で11都府県と20市町村が表明した。二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電の全廃を見通せず「50年までに80%減」の達成すら危ぶまれている国を尻目に、なぜ自治体が地球温暖化対策で先行するのか。【鈴木理之、岩崎歩】

 「先進都市としてカーボンニュートラル(CO2排出実質ゼロ)の実現に挑戦していく」。10日、国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)が開催中のスペイン・マドリードで開かれた、国内外の自治体が地域での地球温暖化対策について議論するイベント。登壇した横浜市の薬師寺えり子・温暖化対策統括本部長は、そう強調した。

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです